スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年10月17日

ジガーファイト!テツジの場合

待ってた?


んなわけねぇ~よね(笑)



ケース・オブ・テツジ









テツジの乗った船の状況からでしょうかね?



今回はメンバー全員がバラバラに違う船


帰り道では「これはこれでイイよね~」って話が出ました




仲間と並ばないイイ緊張感








結果は船で大きく違った様です。







早朝の受付風景




港に向かう道すがら余の雨・風で疑心暗鬼なままコンビニで

食料を買ったが無事に開催の様です。




俺が乗った船は大型でウネリに対しても強く

安心してポイントまで仮眠出来たほどだった。









それでも朝のうちはウネリが気になった。








そして始まる戦い




テツジの横にはえびす屋ジギングバトル初代チャンプ







テツジとシャクりのピッチが似ていた。

しかしこの後思い通り行かないジギングが襲いかかる・・・






朝に60cmクラスを掛けるがこれでは・・・とリリース

初代チャンプも同様だった。






序盤の感想は「なかなか口を使わない。」



魚は居るだろう



しかし「その気」にさせられない。



もどかしい時間の中でもミヨシの方と大ドモの方は数を伸ばしていた。









違う





今日の魚に自分の釣りでは喰わせられない。









途中何本か釣り上げたが「一発」ではないサイズ













それでも魚を掛ける他の参加者達

それもポツポツと・・・・




明らかに拾う釣り





しかもせいぜい60cmクラス






シャクりや動きをまねても反応するのは同じサイズかも・・・・





今回は一匹の全長での勝負














テツジは自分の釣りを押し通す事にしました。



一発デカイのを夢見て。



















タイムオーバー



















そしてストップフィッシングの合図。






同船したkentaroさんの検量が始まる

















ダメだった。



デカイ魚どころか数も出せなかった。








港に戻り集計待ちの間に他船の状況を聞いてびっくり!



船によってここまで差が出るのかという位の釣果の差




「小型を10本ほどリリースした」


「船中全員が70オーバーをキャッチ」


「船中80オーバーは何本か出ていた」















・・・・・なんだそれ?




テツジの乗った船は最大が船上計測でも79.5cm

80オーバーは一本も出ていない。




そしてほくそ笑むコイツら(笑)








さぁ!



発表です!









順位は先の記事でもご覧の通り




おめでとう!アニキ!!









おめでとう! す~さん!!









おめでとう! oh~nodaさん!!









おめでとう! レディース!!












そして






おめでとう!  いっし~!!






見てくれ!この雄姿を!!








テ・さんも実は紙一重! 重さでわずかに入賞を逃した



「そう言えば家ラップ切れてたわ~」





ミウラっちさんもラップで兄弟船を熱唱
















おめでとう!


チームからは二人も入賞!



地元の大会でこんな嬉しい事は無い。



少しはUMIMANも見直されたかな?(笑)


















今回テツジの乗った船は本当に渋かった

それでも釣る人は数を出している。



数の中にサイズを混ぜるしかない。




しかしその数すら出せなかった。








まだまだアマちゃんだ。



























昨年の「チャンプ」もマグレだったか?





マグロ釣ってイイ気になってたか??





















俺はピノキオみたいに鼻が伸びてたかも・・・・・






一日経って冷静に考えると自分の引き出しはまだまだ浅い。











それでもアツくなれる釣り

「ジギング」



この釣りに出会えて良かった。






仲間と共感出来る船上での一体感

喜びを共感出来る一体感

そして

ゲーム性



すべてがサイコーだ





やっぱり・・・









「ジギング最高ォ~」











ちなみのテツジの今回の乗船は・・・








またしても・・・・・


えびす丸71号(笑)



頼むよ~ ツッパリ~(大ちゃん)












  


Posted by TeamUMIMAN at 22:11Comments(13)オフショア(青物)

2011年10月17日

ジガーファイト参戦 いっし~の場合

「そろそろ50リッタークーラーぐらい買わないと駄目っすね!」
朝一の移動中、自分とテ・の会話のひとコマである。

自分とテ・は、持ち帰る魚はせいぜい1~2匹。極少クーラーをこよなく愛する、地球にに優しいエコアングラー。



この後、この会話の重要性を身をもって知ることとなる・・・。



先行のテ・記事にあるとおり、自分はカモメⅦでの出船。同船者には、東北を代表するジギングチーム「ピラニア」のお二人&はるばる東京からいらっしゃっていたスタジオ・オーシャンマークさん。

ポイント到着後、ファーストヒット。
サイズはいまいちだが、とりあえず写真ぐらいはとカメラを探すが、ない!
車に置き忘れてしまった(泣)。

フィッシャーマン、ミツ黄門様にお願いし、とりあえず携帯カメラでパチリ。



ということで、この記事には写真はほとんど登場しませんので、あしからず。



このあともしばらく釣れ続き、気づけば10本。
サイズが伸びないと嘆いていたころ今までと違うアタリが。

ドラグをジリジリ出されながら、ようやく上げた魚はなんと80up!
船頭は82cmはあると言うが、尾びれを揃えて計ると81cmぐらいか。


しかしここで大きな問題が。
そう、極少クーラーに入り切るサイズのはずがない。

しょうがなく胴を曲げ、尾びれから10cm程度はみ出た状態で保存。



ここから圧巻だったのが「ピラニア」。
周りが喰い渋りで悩んでいる中、二人だけが釣れ続く。

そして終了10分前、Oh~Nodaさんのロッドが大きく曲がっている。
なんなくランディングしていたが、この魚がこれまたデカイ!

80ジャスト!!!

ここにきてまざまざと「ピラーニャ・スピリット」を見せつけられた感がした。



終わってみれば計15本。
80up以外はせいぜい70cm程度が数本。



そして帰着後の計量。
最大魚は、先週行った鈴鹿の「130R」並みの反り具合。
計測するとまさかの-2cm。
80cmにはわずかながら届いていない79cm。
やはり保管がまずかった・・・(泣)。

続いて表彰式。
10位からの発表。

テ・記事にはなかったが、実はテ・ワラサは10位と同サイズ。重量差により入賞ならず。
テ・とは違い、牛丼屋をはしごしないワラサであったようだ。

そして1cm刻みで順位が上がっていき、ス~さんが7位入賞。
さっきまで海に撒き餌していた男とは思えぬ満面の笑みであった。

続いてOh~Nodaさん5位、ということは、

やりました!!!
3位お立ち台決定~!!!!
2位は5mm、1位には1cm足りず(泣)。

5mm?1cm?
ある意味一本勝負の厳しさを痛感しましたよ・・・。


そうはいっても昨年のえびす屋大会のチャンプに続き、チーム2番目の表彰台。
景品も豪華、ツインパSW&ジグマンX8。

厳しい状況の中、大会を運営してくれたフィッシャーマンの皆様に感謝、感謝!!!




チームとしても、ラストの景品のくじ運含め、ある意味「持ってます!!!」

次回はもっと実力&釣り運身に付け、チームで5位以上独占しましょ!!!

p.s.
テシがこっそり参加していたことを突然知ったテツジさんのリアクション、サイコーでした。その反応に対するテ・さんの「ニヤリ」、あなたはある意味ドSツッパリです(笑)。












  


Posted by TeamUMIMAN at 00:25Comments(16)オフショア(青物)