スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年06月10日

仙台湾ヒラマサキャスティングSTYLE

呑んだくれたながらもようやく落ち着いた今日。

6/6のヒラマサキャスティングを振り返る。























きっかけはにぃさんからのお誘いmail。




仙台湾ヒラマサ好調です!
6日にキャスティングでいきませんか?


もちろん即OK!!


いまの自分の力をフルに活用して
強制的に休みを入れる(笑)
去年取れなかったあの憧れの魚が
どうしてもお触り
したかった!

ヒラマサへの憧れのルーツときっかけは
俺が愛知県に半年に行っていた頃にさかのぼる。

確か2012/2月にテレビ愛知で放送されていた。

THEフィッシング「玄界灘のヒラマサ」
時期は冬の玄界灘。

ポイントは福岡県壱岐島近く。

アングラーは
古谷秀之氏・西野成彦氏のお二人。

lureは
水に絡むようなしっとりとした動きを見せる。
ドラドスライダーマイスターエディション。

ロッドアクションもホウキで掃くようなゆったりとした動き
から一転魚が掛かればドラグがジィーと唸る興奮する釣り。

出れば10KGオーバーと玄界灘の凄さを知ると共にトルクフルな
映像から伝わる躍動感。

平政かっこいい(゚ε゚;)

そろぼどにも思い入れもあり。
気持ちも強かった。

出船が早いのはビックリしましたが、
釣りをすれば納得。

ポイントには船船船(笑)

それほどに魅了する釣りなんだと改めて思いつつも。

ソートーなプレッシャーに翻弄。

ですがたまにはボイル。(スーザンではない)

ただまだ生産感はある。
休まずキャストして2時間。

その時が来る。

目の前20mでドバン!カボガボカボ!と水面炸裂から一転。
ドラグが唸り、吸い込まれるロッド。

船の下水深は浅かたったが極端なファンーストランがなかったが・・・。

むしろヒラマサのセカンドランが怖く。

ほんの気持ちだけドラグを少しテンションをかけてやりとりした。

後で船長に叱られましたが(笑)

しかし魚を掛けた場所が船の近くでもあり魚が船の下に入ろうとする為
PE3号リーダー40LBを信じてロッドを立てなくてはいけない状況に…。


ラインを巻いては出してを繰り返し。

なんとか寄せてようやくキャッチ!



Photo by テツ・ログ






94cm 7kg


初めてこんなの釣ってイイの?!

メモリアル過ぎる一尾本気で困った( ;´Д`)


しかしあの憧れの魚を手にして
喜びは徐々に湧き上がると同時に
ただただ俺にこんな機会とチャンスを与えてくれた
にぃさんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。m(__)m


仙台湾てっサイコぉーー!!!!!!(*O*)


アフターは
握り 


ヒラマサの卵の煮付け



ん??

卵持ってんの?

仙台湾に産卵場あんのかな?


さぁ!夏に向けて
今年のオフショアシーズンも熱くなりそうですね!



オフショアメンバーの
次回をまてぇ~い!
  


Posted by TeamUMIMAN at 13:05Comments(22)オフショア(青物)