2010年08月02日

シイラツアーズ2010

シイラツアーズ2010

こんにちは!テ・です
待ちに待った相模湾シイラ釣行へ行ってまいりました。

3月にブログ上で告知してから5ヶ月経過
最終的に参加したのは

クリアーボイスのテツジ
パターン野朗のイッシー
トーナメント部長のテシ
ナビゲーターのテ・

以上の4名
「テ」で始まる奴が3名もいるという
読者にとっては大変ややこしいメンツとなりました。

今回の釣行はウミマン4名と
関東在住の釣り仲間数名とのコラボ、予定では全員で8名。


出発数日前からメンバー達のただならぬ意気込みを感じます、
特にテシは私に連日電話をかけてきてかなり入念に準備をしていたと思います
この時点で誘った側の私には相当なプレッシャーがかかっていました。

事前情報では現在の相模湾の状況は微妙、
色で言うならグレーです、
どうやら数日前まで海は荒れていたようです。


さらに追い討ちをかけたのが関東組の参加者キャンセル
その結果参加者が計6名となり、うち4名がウミメンバーの為
今回の釣行が事実上ウミ帝国の管理下に入りました。

ところで相模湾ってどこかわかりますか?

答えは

「相模湾とは、神奈川県に面した湾状の海域である。」

つまり東京を通り越して神奈川県まで行くんです
車で行くと片道約400キロオーバー。



そして土曜の夜9時過ぎにムネオハウスならぬテツジハウスに集合
途中プチ迷子になりながらイッシータワーに立ち寄り
イッシーを回収&積み込み予定時刻の10時に
仙台南インターから現地へ向けて走り出しました。
シイラツアーズ2010
東北道をひたすら南下します
道中はただひたすらハイテンション談義です、
今回の座席表は
ドライバー:テツジ
助手席:テ・
左舷後方:イッシー
ウガンダ:テシ
こんな感じです。

ウミ遠征で欠かせないのがウミ的談義ですが
期待を裏切るようで大変申し訳ありません、
今回は移動中の談義での釣りネタほとんどございません。

そして今回のディスカッションで最大の論点は

「なぜテツジ家はリンゴを丸カジリ食いしちゃうのか?」です。

テツジ家の人々はリンゴの皮をむいて食べる事が
ほとんど無いそうなので今後研究対象とします。

ここまで真面目に読んでる皆さん!
文章も長いが
神奈川までの道のりはもっと長いんです!



走り続けて約5時間
ようやく待ち合わせ場所の

シイラツアーズ2010

「横須賀PA」
に到着


シイラツアーズ2010
我々は休憩も兼ねて
ここで関東組参加者で私の以前の同僚サンペイさんを待つ。
もう1人の参加者のビーズマツモトさんはすでに到着済みでした。


ところが・・・
時間を早めて3時集合!と指示を出した
このサンペイさん時間になっても来ない
電話もメールも音沙汰ナシ
ナシは皮をむいて食え!
と言わんばかりの不安がアタマをよぎる。

ようやく連絡がつくと
「今から家を出ます!」
とのことで単に寝坊したそうです。
彼は埼玉から来るので
5時の出船には何とか間に合いそうだ。

我々は先に出船場所へ向かった。


出船場所の横須賀市長井の荒崎港に到着
この町に港のヨーコはいるのだろうか?

まだ夜明け前だが準備を始める
シイラツアーズ2010
しかし待ち受けていたのは
ヨーコではなく蚊の群れだった
容赦なく皆がブッ刺される
蚊にしてみれば入れ食い気分。


今日の船は
「丸井丸」
しかも夢にまで見た1号船
ちなみに仕立て専門の船です。
シイラツアーズ2010
この1号船、シーズン中は大人気の為ほとんど予約できません、
私も今回で釣行7、8回目になりますがようやく乗れます。
(船を予約してくれたビーズマツモトさんに感謝!)

出船前の準備中にテシが船中で足を滑らせ背中から転倒し腰か尻を強打し死にかけました。
竿を持ったままひっくり返るその姿は死んだクワガタのようでもありました。
そんなプチアクシデントもあったが何事も無かったかのように出発。

沖に出ると相模湾にしては珍しく波立っていた
船釣りと言えばテシの船酔いが好例だが
何故かこの日はほとんど酔わなかったようだ。
シイラツアーズ2010
この日偶然にも人気釣り雑誌
「つり丸」
の取材がきており我々の船へ乗り込んできた。


出船して1時間も走らないうちに
ポイント到着
シイラツアーズ2010
ファーストポイントは
浮き物系ポイント定番のブイ周りを狙う

皆がキャスト開始!
一投目からシイラの反応あり!

ここで私も数回ヒットし1キャッチ

そしてウミメンバーで一番最初にキャッチしていたのは

テシ!
シイラツアーズ2010
初挑戦にしてキャッチできて満面の笑み


続いてイッシーにHIT!
さらにテ・にもHITしてダブルHIT状態
しかしイッシーはタモ入れ直前でバラシ
テ・はタモ入れマンが誰も来ず船べりでバラシ
シイラ釣行にタモさんは必須ですよ!


さらにこの直後、テ・にメーター級がヒットするが突然
「バキッ!」
と竿が折れ万事休す・・・。

朝の一発目でやや小ぶりながらも2名がキャッチ成功!
幸先は良い、しかし竿が折れたのは悲しい
さらにエース級ルアーのドラドポッパーを2本も失う。


その後、船は漂流物や潮目を目標にシイラを探しながら
大海原を駆け巡る。

しかしシイラの魚影は中々見つからず
時間だけが過ぎる。

途中鳥山に遭遇しキャストするも・・・
シイラツアーズ2010
正体は「サバ」

仙台組みにサバは不要だぜ!とばかりに
メンバーは一時のサバゲームを優雅に楽しむ。
シイラツアーズ2010
サバゲームに別れをつげ再びシイラを探す



シイラツアーズ2010
船はただひたすら魚を探し走り続ける


シイラツアーズ2010
私はミヨシに座り必至にシイラを探したが
波の具合と光の加減もマイナスに作用し
中々見つけられない。

みんなも頑張って探しているから頑張ろう!
と自分に言い聞かせ振り返ると
全員引っくり返って寝ていた・・・
恐るべし!眠気。


乗船してから5時間程度経過した頃

詳しくは覚えていないが
シイラの群れに遭遇!

ここはチャンス!
残り時間と魚影を考えるとここは是が非でも抑えておきたいところだ。


間も無く
イッシーにHIT!
シイラツアーズ2010
無事にキャッチ成功!

4人中3人キャッチ










残るは・・・













しかし心配は一切必要無かった。













シイラツアーズ2010
船上で甲高いクリアーボイスが響き渡り
その方向へ目をやると竿が曲がっていた。

















とりあえず見てください
シイラツアーズ2010
この笑顔!サイコーですよ!!!

















そしてテツジもゲット完了!
シイラツアーズ2010
ド素人のテ・が撮影するとこのような写真で









シイラツアーズ2010
カメラ屋さんのイッシーが撮影するとこうなります。

シイラも良い色してますよね!






シイラツアーズ2010
仲良しオフショアコンビのテツジ&イッシー

シイラツアーズ2010
テ・の数少ない釣り写真

シイラツアーズ2010
キャストを続けるテシ


船はその後も何箇所か回りますがほどほどにシブくて
定時どうりの正午で帰港となりました。

今回ナビゲーターとしては
全員が魚をキャッチできた事
そして全員が複数回シイラをHITさせ
パワーやスピードを体感できた事など
遠征としては成功だったと思います。


一般的にシイラは簡単に釣れるだのイージーだの言われますが
実際に海に出てシイラと遭遇しなければ釣れませんし、
フックもバーブレスの為にバラシも多くゲーム性は非常に高いと思います。
地元宮城でもシイラは狙えますが、ジギングの時に偶然釣れたシイラと
世界一プレッシャーの高いと言われる本場相模湾でのキャスティング
で狙うシイラは全く別次元のものです。

釣り場までの距離も遠く費用もかかりますが
興味がある方はチャレンジしてみても損は無いと思います!



そして帰路もテツジの運転でした
往復約900キロをたった1人で完食です、
東京都内環八のトンネル内で止まりかけた時は
もうダメか!?!?
と思いましたがそこからの復活劇は執念を感じました。

帰りに休憩した「羽生SA」は新しく綺麗でオススメです!
テシは佐世保バーガーなるものをワシ掴みで食ってました。

羽生SAイートデータ
テツジ:ソフトクリーム
イッシー:フランクフルト
テシ:佐世保
テ・ソフトクリームスプーン食い

さらに那須SAでも小休憩をとり
なんとか無事に仙台着でした。



「つり丸」は8月15日発売です!


シイラツアーズ2010
参加者の皆さん!
また行きましょうね。



ウミメンバー
シイラタックルデータ

★テツジタックル★
ロッド・ MCWorksLN733CR カスタム
リール・ ソルティガ4500H
ライン・PE3号、リーダー40lb
HITルアー
ポップクィーン レッドヘッド、+ブレード


★イッシータックル★
ロッド・ジャクソン ホットスタッフ76
リール・シーゲート4500
ライン・ヨツアミ ガリスジグマンX4 3号
リーダー・バリバス ショックリーダナイロン50lb 2m


★テシタックル★
ロッド・G-クラフト JSS-642GJ-M
リール・キャタリナ4000
HITルアー・ドラドポッパー レーザーピンクフロイドディープパープル


★テ・タックル★
ロッド・G-クラフト ファイティングドルフィン FDS-722GJ-MH+
    スミス オフショアスティック KGS-68M(死亡)
リール・ソルティガブラスト4500
    セルテート3500HDカスタム
ライン・バリバス ゲーム 20lb
    サンライン キャストアウェイ 2号
リーダー・ナイロン40lb 5m
HITルアー・ドラドポッパー、ドラドペンシル



メーターオーバーをキャッチできるその日まで
シイラツアーズは続きます。



同じカテゴリー(オフショア(青物))の記事画像
鰰鰤
第1回 ポンちゃんの仮装大賞
県北 政
仙台湾ヒラマサキャスティングSTYLE
プレゼントもらいました
るーじゅの洗礼
同じカテゴリー(オフショア(青物))の記事
 鰰鰤 (2015-12-09 00:34)
 第1回 ポンちゃんの仮装大賞 (2014-11-17 22:52)
 県北 政 (2013-08-12 22:43)
 仙台湾ヒラマサキャスティングSTYLE (2013-06-10 13:05)
 プレゼントもらいました (2013-04-18 18:42)
 るーじゅの洗礼 (2013-03-17 22:27)

この記事へのコメント
オフショア部のみなさん昨日はお疲れ様でした。
ホントいい体験できましたね。
これもひとえにの「クラッシャー」テ・さんの名ガイドあってのたまものです。感謝!!!

また「鉄人」テツジンさんには、なんと往復約1000kmドライビングまでしていただきました。こちらにも感謝です! (私含め他の三人はあろうことか時折お眠り状態・・・本当にゴメンナサイ)

ちなみにシイラは、某メンバー風に言うと、「シイラってこんなに引くんすか!!!!!」
未経験のみなさん、本当にあいつらやばいっすよ!!!

ちなみにシイラ並みのファイトが楽しめる「青魚部」もまだまだ部員募集中です!すでに私がスカウト活動中の、キ○さん、○ッチーさん、この秋我々がデカイやつ釣らせますよ(笑)
Posted by 「テ」のつかない部員 at 2010年08月02日 18:49
まずはお疲れ様でした!

距離も長いが内容も「イーコー」そのもの!

チェイスからヒットまで丸見えなのでコーフンしますよね~(^0^)

そしてなんと言ってもあの「走り」!!

あ~タマラン(>_<)

ナビゲーターのテ・さんあっての今回の釣行は大・大成功でした。
ウミガシラ部の恒例行事にしなくちゃね!

PS
竿はザムネムでしたね(泣)

哀川 翔はズルイです(笑)
Posted by テツジ at 2010年08月02日 18:52
皆様おつかれさまでした!
記事にもありましたが、魚がいないところには全然いない、ヒットしてもバレる、すぐスレる、、、そこが難しさではありますが、ヒット直後の猛烈な走り、全身を空中に投げだしてのジャンプ、ロッドを持って行かれそうな最後の粘り、すべてがシイラ・フィッシングの醍醐味なんですね。

そしてタモ入れやファイト中の場所の移動も含めて仲間のコンビネーションがうまくいかないと釣り自体が成立しないだなぁとも実感しました。

かなりのゲーム性の高さに完全に魅了されました。
これは来年も遠征すべきですね!

また、これは一重に仙横・往復完全制覇のテツジさんあってのこと!
船の上でもちょこっとJBで済みました。
ありがとうございました!!

そして、今回の釣行はナビゲーションのテ・さんのお誘いからはじまったんですよね。
釣行前、忙しい時にもかかわらずお相手していただきありがとうございました!
おかげでファースト・キャッチすることができました。

次回は来年?来週?
専用ロッドで勝負だす!
Posted by ウガンダ at 2010年08月02日 22:01
>テの付かない部員さん
お疲れ様でした!
長いコメントありがとうございます!

たしかにあの人なら
「シイラってこんなに引くんですかぁ!カーッ!ペッ」
という感じで釣りしてたと思います。
写真もありがとうございました!

>テツジさん
釣りから移動までお疲れ様でした。
そしてまずまず長いコメントありがとうございます!
PCで打ち込んだら「アイカワ ショウ」は漢字で出てきませんでした(笑)
あと本当に申し上げにくいのですがファイトシーンを動画で撮影してたんですが・・・
これ以上は言えません・・・

>ウガンダさん
部長にしては珍しく長いコメントありがとうございます!
「だす!」という言葉が出るという事は本気でやる気になりましたね!
あなたの体はもうすぐJBから卒業できるはず!頑張りましょうね。
Posted by テ・ at 2010年08月02日 22:58
シイラがどれくらい引くかは釣った事がないから分かりませんが、まずお疲れ様でした!!

ライネンハゼムヒチョウセンシタイトオモイマス
Posted by MOMI at 2010年08月03日 00:52
長旅お疲れ様でした~自分も船にのれればな~

竿が折れるほどの引き味わってみたいです
Posted by jun at 2010年08月03日 08:47
うひょ~いい画が取れましたね。

起き抜けに記事読んだら、暴君シライさんの綺麗な色が目に刺さりました…(ρ_○)

まさに宝石のような色でなんとも癒やされました。

お疲れ様でした(^∀^)ノ
Posted by コッ!うっ! at 2010年08月03日 10:15
>MOMIさん
カタカナの多い片言の日本語コメントありがとうございます。
ライネムコソイツテミマシヨウネ

>junさん
相模湾は比較的波が無く優しいと思いますので機会がありましたらぜひチャレンジしましょう!
あと1つ言えるのは
「心は折れても竿は折れないほうが良い」
です!

>ラガーズタックルさん
ようやく「うひょ~」が出ましたね!
シライさんの色ってホント不思議なんですよ
、まさに自然界の美です。
ラガーさんも早くギガンテス投げましょうよ!
Posted by テ・ at 2010年08月03日 11:47
シイラ凄い綺麗に撮れてますね♪カッコイイ!
Posted by YG at 2010年08月03日 12:26
>YGさん
YGさんコムバムワ!
シイラ綺麗ですよね~
カメラマンがイイと綺麗に撮れるんです!
YGさんもオフショアフィッシングいかがですか???
Posted by TeamUMIMANTeamUMIMAN at 2010年08月03日 22:20
皆さんお疲れ様でした。みんな凸魚をゲットできて良かったね。サバ①じゃなくてホント良かった(笑)
Posted by マサシ at 2010年08月04日 17:34
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シイラツアーズ2010
    コメント(11)