2011年07月19日

饅頭伝(第2話)

嘉永六年



100均の練り梅はとても酸っぱかったがじゃ



JUNさんのステテコに度肝を抜かれた我々は笑いをこらえタックルの準備を進めていた。





しかもJUNさんはウェーダーまではいて準備万端病…。


???





ウミマグリーンを着ている!
かなり緑が似合ってます。




だいたい準備を終えたところで車を覗くと



みんな気合いのタックルで臨んでいます。
しかしG○○○ト率がかなり高い。どんだけ好きなんだ。
しかしコレは単なる前フリでしかなかったことはすぐに皆気づくこととなる。




では!といよいよ、出発!
一つ目のポイントへ移動です。

ポイントへ向かう車内、総長が私にダメ出しを言い出しました。
そんなに写真撮って最後の良いトコでデジカメのバッテリー切れが落ちなんじゃないのか?

しかし私は当日に朝からバッテリーを充電していた。
完璧のはずだ。

私は果敢にも総長へ言い返した。
言葉を考えつつ…。

*テシの頭の中↓
(バッテリーが十分充電されていることは…○○○ってカタログに書いてあったよなぁ…他に言い方ないよなぁ?)


恐る恐る、私は言葉を放った。





「マン充電だからだいじょうぶです!」


一同爆笑。

総長 「なんだよ、まんじゅうでんって」
いっし~ 「他に言い方ないの?」
ラガー ただただ爆笑

テシ 「え~~満充電ってカタログに書いてあると思いますよ~(でもちょっと自信を無くした)」
総長 「言いたい事はわかるけどまんじゅうでんって。」
いっし~さん 「フル充電ならわかるけど」

テシ 「あ、なるほど!ソレがあった(笑)」

総長 「ったく、どんだけ飢えてんだよ」






笑って誤魔化すしかありませんよね。




しかし


勢いに乗ったUMIMANは誰にも止めることは出来ない


とある男がお土産話をしてくれた。

あ、コレは総長がOK出したらにします。
書いて怒られるかもしれないので。




そんなR-18な話もしつつ車は走り、我々はポイントへ到着しました。

ポイント名は覚えていない。
だが荒い石が並ぶ光景が中流域だと教えてくれる。









かなり広いポイントです。
さらに満月に照らされて比較的安心して釣りができます。

総長に攻略法を伝授されつつ皆散らばり各々思いのままに釣っていきます。






月明かりの下で撮影するのは難しいですね


今度は絞りを最大まで開けてISOも最大にして撮影してみました。





ノイズとピントがどうしても…(-_-;)
でもなかなか幻想的な感じかなぁと。

さて、バシバシ撮ってきた私ですが、そろそろ釣りも楽しみたい。
来たからには持てる手を尽くして挑みます。

水面では何かが捕食している様子。
対岸で捕食音が聞こえますが、流芯も対岸側。
遠投をして流れに乗せていくのですが、なかなか反応はよろしくない。
流れのよれを探しながら、今度は上流へと移動していきます。

そこには瀬が広がっていていればココだろう!というストラクチャーがヨレを作っています。

ベイトっ気もあるようだ。

私はここでバンズ90にチェンジ。
している間に総長がヒット!
馬車!

いや、バシャっといってエラ荒い?シーバスじゃないか!?
一気にテンションが上がる私。

流れの強いところからスローダウンでヨレまで持っていくと
グングン!

ヌルいアタリだが確実に魚だ。
岩じゃない。

もう一度同じところを通すと
ズドン!
そしてエラ荒い!
絶対シーバスだ!

慎重にかつ丁寧に寄せる。
つーか久しぶりの魚に成す術もなく(正確にはどう対処していいか分かってない)ただ巻くだけ。
総長にあーしろこーしろ言われつつあげた魚は…





ナマズでした。

すかさず総長 「誰だ、絶対シーバスだって言ったヤツ」

すみません、この顔で許してください。





震災太りのリバウンドだバカヤロー。
そして同じ場所でまたまたナマズ。
ココはなまずしかいねぇのか?

だんだん明るくなってきて、ベイトの水面でのザワツキもはっきり見えるがシーバスが出ない。
なぜ???

続く…。












同じカテゴリー(シーバス)の記事画像
久々物持ちなので投稿してみました
忘れてた〜
『Record』
南方で開幕っ!リバーシーバスっ!
ザ・砂磯鱸 「ついに・・・」
ザ・磯鱸 「釣れる気がする・・・」
同じカテゴリー(シーバス)の記事
 久々物持ちなので投稿してみました (2015-08-05 08:52)
 忘れてた〜 (2015-07-08 09:22)
 『Record』 (2015-06-11 18:11)
 南方で開幕っ!リバーシーバスっ! (2015-05-21 15:17)
 ザ・砂磯鱸 「ついに・・・」 (2014-12-18 10:05)
 ザ・磯鱸 「釣れる気がする・・・」 (2014-04-15 09:44)

この記事へのコメント
釣りに絶対は無い!

写真の魚は絶対ナマズだ(笑)


自分もグリーンTシャツを支給されました、
JUNさんとペアだったんですね~

部長はウチのアニキ並みに太りましたね!
笑っちゃいますよ。

PS:オレもナマズたくさん釣ったけどエラ洗いしたかな~???
Posted by テ・ at 2011年07月19日 23:53
マン充電(爆)

久しぶりに爆笑さしてもらいました(ρ∀;)ヒィー

また記事のポイントの画像が幻想的な感じが…。
あの緊張感と怪しさから昔見たUFO番組の画のようで…。

『エリア51潜入』を思い出しました(-o-;)

※途中見つかってどやされてましたケド…。
Posted by ラガー at 2011年07月20日 00:58
あの話は絶対「NO」です。
そのうち自ら記事UPします(笑)。

ちゃんと会話の内容、発言者まで覚えてるテシって、意外と記憶力良いよねf^_^;)
Posted by いっし〜 at 2011年07月20日 07:31
第2話てまだ夜が明けていないという事は今週一杯釣行記だな(´∀`)
Posted by テツジ at 2011年07月20日 08:23
夜が明けぬまま夕方になっちゃう展開もおもしろそうですね!

今週一杯とは言わず今月一杯は饅頭伝説でもいーんじゃねすか(笑)

PS・井村屋とかスポンサー付くかも・・・
Posted by ヨーシチ at 2011年07月20日 09:05
刻みますね~!!
Posted by MOMI at 2011年07月20日 11:19
今年の夏は『饅頭伝』で決まりだね!!

いつまで続くんだべ(笑)
Posted by マサシ at 2011年07月20日 20:23
誰かツッコンでくれ~なんで梅チューブ舐めてんのかと・・・(笑)

↑↑↑ここ大事だよ~
Posted by jun at 2011年07月20日 21:31
>テ・さん
エラ荒いはしますよ。
正確には激浅なところで暴れて水面を叩いただけかと。

あれ?テ・さんてピンクだったような…?

>ラガーさん
さっぱり分かりません(爆)

>いっし~さん
了解しました。
解禁日を楽しみにしています(笑)

記憶力?全然ですよ。文章力がないので出来る限り再現するようにしてますが(;´▽`A``アセアセ

>テツジさん
本気でやろうかと思いましたがネタ的に(;^。^A アセアセ…

>ヨーシチジさん
「井村屋のフィールドテスター、テシです」
なんつって(笑)

>MOMIさん
刻まざるを得ない状況でした。
ネタも体力も`。*:`( ゚д゚*)ブハッ!!


>マサシさん
もう一発行ってシリーズ化させたいですねぇ。出来れば(笑)

つーかすいません、一話完結させたかったのですがヽ(;´Д`)ノ

>junさん
一言も出てこなかったですね…初っ端に華を持ってきたのに…。
ツッコミどころ満載だったのですが、、、文章力の弱さと引っ張り過ぎたのが原因かと…申し訳ありません_| ̄|○スイマセン
Posted by テシ at 2011年07月23日 18:16
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
饅頭伝(第2話)
    コメント(9)