2011年08月02日

ガーラへの道 ~南国満喫“ゆるゆる”編~ 第一部

「憧れの魚」・・・・。



それは人それぞれ違うだろうが、

「マグロ」

「ヒラマサ」

「尺メバル」

「座布団ヒラメ」

「キングサーモン」



・・・・・・・・・「クサウオ」。


ウミマン的にはこんなとこだろうか。




「ハイサイ~!」
いっし~です!!!

この時期になってようやく今年初投稿。
あんな飲み会の後、胃や肝臓に優しい「まったり」編をお届けしま~す♪♪




自分にもそんな憧れとも言える魚が存在する。

それは、

「ガーラ」


今流行のK-POPのやつとはちょっとだけ違う。

いや違わないかもしれない。
魅力的には同じぐらいかも・・・。
セクシーなヒップダンスもしそうだし。



話を戻すが、「ガーラ」とは「ロウニンアジ」「カスミアジ」「ギンガメアジ」なんかの総称。
沖縄、九州エリアではこう呼ばれる。

まあ面倒くさいからわかりやすく「GT(ジャイアント・トレバリー)」ということにしとこう。





この魚との出会いは2年前にさかのぼる

初めて訪れた「宮古」
岩手県宮古市ではなく、沖縄県宮古島のほうである。

場所は東洋一の美しい白砂ビーチとして知られる「与那覇前浜」の対岸。
この地ならでは白と青と緑がキラメク、もろ南国ビーチである。


隣にはヤギの散歩に来ていた地元のほのぼのオジイ。



そんなオジイと雑談しながらお気軽ミノーイングしていると、


「アレミンサイ、ガーラダサ~!!!」
(はっきり覚えてないが、たしかこんな感じだったと思う)


水深は深い所でもせいぜい2m。
そんな遠浅ビーチの50m程向こうに 「黒い影」 が見える。

その 「黒い影」 はもの凄いスピードで、ヤガラの猛アタックにまみれる自分のトップ系ミノーに近づいてきた。

ピックアップ寸前まで追ってきた魚は軽くメーター越えのビッグフィッシュ!!!

よく「釣りビジョン」で見る、“アイツ”であった。



10キロは軽くあるだろう。

今思えば、震災後に丸々と肥えた「テシ」の様でもあった。



「大きさ」」 「スピード」 そして圧倒的な  「存在感」 。


この初「ガーラ」の衝撃は、生涯忘れられないものとなった。
同時に自分の中での憧れフィッシュNO.1に躍り出ることとなる。

ちなみにこの時、オジイとの会話の8割以上意味が理解できなかったことも付け加えておこう・・・。





あれから丸2年、今回訪れた先は「石垣島」
もちろんあの衝撃の「ガーラ」を狙う気マンマンである。

が、観光メインの今回、チャーター船に10万近い金を払い、数十キロのヘビータックルを持ち込むのは厳しい。
許可が下りるはずはない。

なのでシーバス用パックロッド、振り出しバスロッドが今回のメインロッド。
こんなタックルではせいぜい50cmクラスまでしか獲れないだろうが、まあ仕方ない。

メッキサイズにでも使えればと、バス系ポッパーやプラグ、管釣りルアー、そして
スライダーゆりっぺカラーなんかも持ち込んだ。




観光初日、季節外れの低気圧停滞で海はやや荒れ、竿を振るのははちょっと難しい。
あきらめて向かったドライブ途中、地元一番との呼び声高い釣具屋を見つける。



その名も「海の総合スーパー“島”」
なんとも素敵な響きである。

「釣具やじゃーねーんだ!!!」

しかしながら、さすがは南国。
遊び心のスケールまでデカい。
ディスプレイのジグは一メートル以上ある本物。
ちゃんとラインまで通してある。



中に入ると、結構品揃え豊富。
メイン場所にはGT~マグロ用のトップ系ルアーがずらり。

テツジさんなら数時間楽しめることでしょう。
マサシさんなら5分で出てくるでしょう。



ここである程度の情報を仕入れ、とりあえず観光へ。
そうそう、あくまでメインは観光。
許された釣りの時間は、基本的に朝夕の数時間だけなのだ。


ちなみに初日のホテルはなんと偶然にも“シーマンズクラブ石垣島”。



ウミマン的にはここを選ばない理由はナイ。
(実はただの偶然だったのだが・・・)

「ウミマン」という名前をまだ認めていないと公言する男でも、さすがに「ニヤッ」とした。
まあ、いつか行われるであろうウミマン遠征ではここがオフィシャル宿となることだろう。


翌日、観光前に早起き。
とりあえず雨はない。

ホテルそばのマングルーブ生い茂る小河川の河口部へ向かう。




「うおっ!!! 変な魚がうじゅじゃ!!!」
「キモッ!!!」

とりあえずペンシルをひいてみると「ガッボ!!!」とバイト。
道路際の場所だけにスレているのかトップで出たのはこの一度だけ。

いろいろ試してみたところ、サイズダウンした“管釣り用”クランクにヒット!
バスロッドでは楽しめないサイズだが、とりあえず「なんか」をキャッチ。




どうやら「テラピア」という魚らしい。
決してかわいい魚ではない。

その後もアタックしてくるのはこのテラピアのみ。
数匹で飽きたので海側へ。

しかし海は相変わらずの荒れ荒れ。
トップの釣りはほぼ無理だろう。
あきらめてお気軽観光へ。



さてさてこんな天気はいつまで続く?
まともな釣りはできる?
そして「ガーラ」は?






第二部へ



同じカテゴリー(その他のオサカナナド)の記事画像
食品偽造
アジ釣りたい食いたい!
日本海行くけど、どうするぅ?
なんか届いた・・・
釣納め
南の大河naw?
同じカテゴリー(その他のオサカナナド)の記事
 食品偽造 (2015-09-14 14:44)
 アジ釣りたい食いたい! (2013-07-20 01:28)
 日本海行くけど、どうするぅ? (2013-05-04 07:30)
 なんか届いた・・・ (2013-05-01 21:19)
 釣納め (2012-12-30 15:39)
 南の大河naw? (2012-07-27 23:00)

この記事へのコメント
(*´艸`*)プシシ
すげぇ( ゚Д゚)
ネタ満載じゃないですか

てかヤギの散歩(爆)

そしてさすがいっし~さん、読みやすい!
続きが楽しみです☆
Posted by テシ at 2011年08月02日 07:13
おはようございます

テルピアです!

シーメンズクラブに俺も泊まりた~い。
Posted by テ・ at 2011年08月02日 09:22
お~!

石垣漫遊記!!

羨ましいな~♪
Posted by テツジ at 2011年08月02日 10:44
>テシさん
あのヤギは人に慣れすぎていて、ある意味怖かった・・・。
なぜか服を喰われまくったよ!

>テ・さん
「seamens」と書いて、「シーマンズ」らしいです。
テ・さんなら、きっと縦の釣りでテルピア爆釣です(笑)。

>テツジさん
ある意味、釣行記ならぬ旅行記です(笑)。
Posted by いっし~ at 2011年08月02日 22:52
ヤギとヤギオヤジの写真で、バックの橋?をフレームギリギリにしっかりおさめてるあたりは流石です!

コメントはこれぐらいにして、続きが気になるので、早速第二部へ!!
Posted by MOMI at 2011年08月03日 00:05
「オヤジ」じゃあないです。
「オジイ」です(笑)。

あっ、ホントだ!
ちゃんと橋まで収まってるし(笑)。
Posted by いっし〜 at 2011年08月03日 08:31
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ガーラへの道 ~南国満喫“ゆるゆる”編~ 第一部
    コメント(6)